2017年9月11日月曜日

イヴ・アンリ 公開レッスンとレクチャーコンサート 1830製のローゼンベルガー


今回も通訳として参加してまいりました。
公開レッスンとレクチャーコンサートのいづれも2台のベヒシュタインに
加えて1830年制のローゼンベルガーというウィーン製のフォルテピアノも使用。

レクチャーコンサートではシューベルト、シューマン、ショパン、
リストの愛の夢をローゼンベルガーで演奏。
まろやかで内向的な表現がマッチして美しかったです。

リストの「グノーの歌劇ファウストのワルツ」、ボロディンの「ダッタン人の踊り」、
ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」、デュカの「魔法使いの弟子」は
ベヒシュタインで。
これらの曲はラヴェル以外はオーケストラが原曲。
オーケストラの豪華絢爛な響きを現代のベヒシュタインで堪能。
アンリ先生の編曲も超絶技巧にも目が(耳が!)釘付け。

こうしてフォルテピアノとピアノを聴き比べる機会はそんなに無いので
とても興味深いイベントだったと思います。

公開レッスンも中学生からベテランの方まで沢山の方が受講なさいました。
レッスン枠は毎回あっという間に埋まってしまうそうです。
聴講の方も多く熱心な雰囲気でアンリ先生の人気が伺えますね。

次回の公開レッスンは来年4月の予定だそうです。

左からベヒシュタインのコンサートグランド・少し小さめのベヒシュタイン・1830年製のローゼンベルガー



シューマンのトロイメライを演奏中


終了後にアンリ先生と記念撮影





今年もよろしくお願いいたします

2022年も皆様にとって良い一年となりますように! 前回のブログから半年ほど経ってしまいました(・・; 昨年後半は猫を保護し、初めて里親募集に挑戦。 仕事場であるピアノの部屋は1階、保護猫ミカちゃんのいる部屋は 3階なので言ったり来たりの上がり下りが良い運動😇 里親さん探しはま...