Collineピアノ教室ってどんな教室?

このブログをご覧になっていらっしゃる方には
コリーヌピアノ教室がどんな教室か知りたい方も
多くいらっしゃると思います。

「面談・体験レッスンを受けてみようかな?」とか
「Collineピアノ教室にはどんな生徒さんが通っているのか?
自分のニーズに合った教室だろうか?」
という方に当教室をすこしでも具体的にイメージしていただくために
いくつかの項目をまとめてみました。


Q1.男女の比率は?
男性3割 女性7割

Q2.年齢層は?
未就学児・小学生・中学生・高校生・大学生・大人
と、幅広い年齢の方が通っています。

Q3.どこの地域の人が通っていますか?
板橋区・練馬区を中心に豊島区・目黒区・品川区・文京区
などから通っていらっしゃいます。

Q4.どんな生徒さんが通っていますか?
楽しく習えれば良いという方よりは趣味であっても熱心な生徒さんが多く、
音楽的にも技術的にも完成度の高い演奏を目指しています。
どちらかといえばアカデミックな雰囲気の教室かと思います。
コンクール全国大会1位受賞、オーディション奨励賞受賞など
優秀な成績を収める生徒さんもおり、指導には拘りと自信を持って行っています。

Q5.どれくらい練習したら良いですか?
どんなレベルの演奏を目指すかにもよりますが、出来るだけ毎日練習
することが大切です。
上達するかどうかはお家での練習の仕方と時間が大きく影響します。
最低でも未就学児なら最低でも15分程度、小学1年生なら20分、2年生は30分、
3年生は40分ぐらいとお考え下さい。
実際にはもっと練習している生徒さんが多いです。

Q6.レッスン時間はどの様に選べばよいのか?
就学前は30分のレッスンが多いですが、小学生になると集中力も高まり、
よりピアノを深く学びたい・曲が長くなる・曲数が増える・コンクールを
受けたいなどの理由で45分〜60分レッスンに切り替える方が多いです。
現在は1回30分〜2時間のレッスンの方まで、様々です。
目的に合わせてお選び下さい。

Q7.みんなどんなピアノを持っているの?
8~9割強の生徒さんがアップライトピアノ及びグランドピアノを
お持ちです。
マンションなど住環境によってどうしてもピアノが置けない方は
ハイブリッドピアノなど性能の高い電子ピアノをおすすめしています。





オンラインレッスンの情報をHPに追加しました

新型コロナウィルスの影響が広まる一方で皆さまも不安な
毎日を過ごされていることと思います。
この先世の中はどうなってしまうのでしょう。
学校でのお勉強が中断され、お友達ともなかなか会えないお子さんを
思うとかわいそうです。
また医療従事者を初めサービス業などの現場にいなければ仕事に
ならない方々の安全が心配です。そうした方々には頭が上がりません。
一日も早く平穏な日常が戻るよう願うばかりです。

周辺の学校もGW明けまでの休校が決定しました。
この様な状況を踏まえて当教室も一旦4月いっぱいの教室レッスンの
中止を延期します。
状況によってはさらに延期が必要となるかとも思っています。
今私達に必要とされていることは医療崩壊を防ぐため感染しないこと。
出来る限り家にいることです。

先日のブログでも書きましたが教室レッスンが休校の間
ご希望者にはオンラインレッスンという方法を採ることにしました。
この様な状況下であってもなるべくいつもの生活、そして学びや文化も
継続していくことがとても大切だと思います。
オンラインレッスンがその役に立てれば良いなと思います。

オンラインレッスンについてHPにもページを追加しました。
 (新規の生徒さんも受け付けております)


既にオンラインレッスンを何名かに行っています。
その結果感じたメリットとデメリットを簡単にですがまとめてみました。

【メリット】
♪レッスンに向かって目標を持って練習する。
♪新しい曲にすすめるのでメリハリがつく。良い緊張感。
♪その時に必要な練習方法のアドバイスを得て単調な練習を避けられる。
♪マスクの着用が必要がなく感染を心配するストレスがない。
 またマスク無しなのでお互いの表情がよく分かる。

【デメリット】
♪細かい音のニュアンスは伝わりにくい。
♪多少のタイムラグがあるので一緒に弾いたり伴奏したりすることは難しい。

正しい譜読み、フレージングや指使い、画面を通して手の使い方など、
ほぼ対面レッスンと同じ様にお伝えできます。
今までのレッスンペース、練習ペース、モチベーションを
保つためには有効と思います。

教室ではipadを使用
















私は演奏や通訳の仕事がキャンセルになり家にいる時間が増えたので
いつもより多くピアノに向かっています。
レパートリーを増やすだけでなく本を読んだり映画を見たり、
また語学の勉強をしてエネルギーを蓄えてレッスンや演奏に
反映できるようにしたい。
生きていることに感謝して毎日を大切に過ごしたいと思います。

オンラインレッスン

新型コロナウィルスの影響が凄まじいことになっています。
人類の危機?と思わざるを得ません。
私もコンサートやフランスから来日するピアニストのレッスン通訳など
様々な予定が延期・キャンセルとなりました。
また3月18日には恩師アンリ・バルダのリサイタルを聴きに
パリに行く予定で用意していましたがとても行ける状況ではありませんでした。

教室レッスンですが、先日まではマスクに消毒・換気に
気をつけてレッスンを続けていました。
新型コロナウィルスを考慮してお休みなさりたい方は提示した日程までは
お月謝を頂かないでお休みに出来ますとお知らせしましたが
ほぼ全員がレッスン継続を望んで下さったことは正直嬉しかったです。
お子さん達は休校になり、せめて習い事はいつも通りにしたいと
お考えの保護者が多かったと思います。

しかしその後他国の状況を見て、更に都知事からの自粛要請があり・・
感染を増やさないため、医療現場がパンクしないためには
ここは踏ん張りどきかもしれないと気持ちを新たにしました。
もしかして私だって感染者かもしれないという気持ちを持って行動する必要が
あるのだ、と。
大変悩みましたが一旦4月12日までは教室レッスンをお休みすることを
決めました。



オンラインレッスンの話は時々聞いていましたが、正直「えー」という感じでした。
ちゃんとしたレッスンなど出来ないのでは?と思っていました。

でも特にお子さんにとって大事なのはペースを崩さないこと。
練習したものを先生に聞いてもらいアドバイスを受ける、
合格する曲もあるし、新たな練習方法を提示されたり
課題や新しい曲をもらうのはモチベーションを保つのにとても大事です。
これらのことを考え、私もオンラインレッスンを導入してみることにしました。

オンラインレッスンでは多少のタイムラグがあるので一緒に弾いたり
伴奏したりすることは出来ませんが、正しい譜読みを伝えたり
画面を通して手の使い方を伝えることは出来ます。

今回の教室レッスンお休みにあたり希望者のみオンラインレッスンを
するとお伝えしたところ、ご希望する方が何名かいらっしゃいました。
終えてみると想像していたより好評だった様です。
昨日オンラインレッスンを受けた2名は教室レッスンがお休みの間は
オンラインレッスンを継続したいとのことでした。

オンラインレッスン、やってみると私にとっても新鮮でした。
画面を通して伝えようと色々工夫しました。
画面越しでも見えるように画用紙に大きく説明を書いたり、意思疎通のために
大げさにリアクションしたり。
そして画面越しでも生徒さんに会えてとても嬉しかったです。
マスク無しだとお互いの表情が確認できるのでホッとしますね。

教室でのレッスンとは出来ることが異なりますが、この様な特殊な
状況下ではオンラインレッスンをする意義は十分あると思いました。




大人のサロンコンサート終了しました


1月19日(日)に開催した大人のサロンコンサートの模様です。

渋谷ホールのサロン


イタリアのピアノ「ファツィオリ」は明るく華やかな音色で
参加者からも弾きやすいと好評でした

中高生の部より














大人の部より


















懇親会

ソムリエでいらっしゃる松永先生のご主人が格安で
素晴らしいワインをご提供下さいました


大人のサロンコンサート@渋谷ホール


1月19日(日)に大人のサロンコンサートを開催します。
すでに何回か開催している中学生以上の生徒さんが対象の
落ち着いた雰囲気のコンサートです。

前回は松濤サロンにて開催しましたが今回は渋谷ホールが会場です。
ピアノはイタリアのファツィオリ。スタインウェイとはまた違った
響きの素敵なピアノです。

入場無料ですが席数に限りがございます。
教室にご興味があるので聴いてみたい、などお越しになられる方は
念の為ご一報頂けますと幸いです。
→ collinepiano@gmail.com





つぐばフランス音楽研究会のコンサート

直前のアップになってしまいましたが・・
つくばのフランス音楽研究会のコンサートに出演します。

今回はヴェルレーヌのフェットギャラントがテーマ。
バルビエの絵と共にお送りします。
素晴らしい音楽家とアートコーディネーター、パティシエの方々と
ご一緒出来るのが毎回とても楽しみ。音楽史や美術史、フランス語に
関することなど毎回学びがあります。
私はフォーレとドビュッシーの歌曲の伴奏、そしてドビュッシーの前奏曲集より
「月の光と出会うテラス」を演奏します。
音楽・詩・絵画のコラボ、そして終演後には美味しいお茶とお菓子を楽しめます。










ピアノの部品交換

レッスンで使用しているピアノ、ヤマハG3。
このピアノは私が子供の頃に祖母が買ってくれた思い出のピアノ。
当時お世話になっていた調律師さんがヤマハの浜松工場まで出向いて
完成前の段階で質の良いものを選んでくださいました。
今でも良い楽器だと度々褒められます。
Gシリーズはその後無くなりCシリーズがヤマハの主力商品となりましたが
このGシリーズのファンはなかなか多いのです。
調律師さんも皆さんGシリーズの方が好みだと仰るので興味深いです。

それでも年月とともに消耗する部品。
音が直接的な響きになってきていることは確か。
そこでこの6月から1年半ぐらいかけて徐々に交換を始めています。

まずはブシングクロスから。

写真中央の穴が空いた部分に赤いクロスが入っていたのですが
それが消耗するとタッチなどに影響が出るそう。




新しいものに交換するのに匂いの強い接着剤を使うので窓全開で作業




新しいクロスが着きました!

作業は2日がかり。
1日目に張替え、2日めは主に調整だったようです。
1日目は短いお昼休憩の他は朝の9時から夜8時頃までぶっ続け!
調律師さんの根気と体力に脱帽です。



恥ずかしながらブシングクロスという言葉すら知らなかったワタクシですが
音がまろやかになって心地よい響きになり大喜びです。
生徒さんが弾いているのを聴きながら「良い音になったわー!」と
度々ニンマリ(笑)

この先ハンマーと中音域〜高音域の弦の交換も予定しています。
こちらは更に大掛かりですが、全部が終わった時このG3が
どうなっているのかとても楽しみ!





発表会終了しました

7月15日、ムジカーザでの発表会が終了しました。

1部はは幼児〜中学生までが演奏。
どの生徒さんも1部はなるべく全ての演奏を聴くようにと
事前からお話していました。
良い演奏者であると同時に良い聴衆であって欲しいという願いがあるからです。

いろんな発表会を見て気になるのが、皆さん自分の演奏以外はロビーにいたり
他の方の演奏にあまり関心が無いように見えること。ご家族もしかり。
人の演奏を聴くのはとても勉強になるし、お互い頑張った成果を
認め合い讃え合うのも発表会の醍醐味です。
そして趣味でピアノを習っている子どもたちにはこの先も良き聴衆としても音楽に
関わり続けてほしいと願っています。
なので発表会で人の演奏を聴くとことを体験してその土台になるとよいなぁと。

1部は演奏時間合計1時間。
小さなお子さんにとって長くて辛いかもしれないと思いましたが・・
低学年の生徒さんも真剣に最後まで聴いていて親御さんがびっくりされたと
お話しなさっていました。
このお話を聞いた時はとても嬉しかったです!
どの生徒さんもとても丁寧に演奏していたので聴いている側も自然と
折り目正しくなったのかもしれません。

2部は高校生〜大人の演奏。
今回はご一緒した松永先生の生徒さんがバッハのコンチェルトを演奏したので
2台のピアノを使い音もビジュアルも豪華でした!
大人の方の演奏はそれぞれ個性豊か。
皆さん名曲に没頭してご準備なさった
成果を十分に発揮されていました。

聴いて下さった方々のご協力とお気持ちのおかげであたたかい雰囲気の
発表会でした。
それぞれへの拍手も盛大でとても気持ちの良い発表会でした。






発表会のプログラム完成♫

7月15日に行う発表会のプログラムが出来上がりました。
おしゃれで夏らしいデザインです。

今回はパリに居た頃からお付き合いのある松永先生のお教室との
合同発表会で、このプログラム作成は松永先生が担当してくださいました。





















ここ数年の発表会は渋谷区の伝承ホールでしたが
今回は初めて代々木上原のムジカーザが会場となります。
私も一昨年のリサイタルで使用したお気に入りのホール。
良いピアノと響きの空間です。