2014年1月27日月曜日

発表会が終了しました♪

年に一度の発表会、無事に終了しました。
前回に引き続き、他の先生方の生徒さんも合わせて
40人近い生徒さんが出演し、華やかな会となりました。
生徒さん達はそれぞれが個性と技をで素敵な演奏を披露してくれました。

300席を超える大きな舞台での演奏、とても緊張したと思います。
練習の時には何でもなかった所でつまづいたり、いろいろあったと思いますが
みんな孤独な舞台でしっかり自己解決し、前向きな演奏でした。
きっと自信と次への目標へと繋がったのではと思います。

来年も1月に発表会を行います。
皆さん、また一緒に頑張りましょう♪






2014年1月15日水曜日

アルド・チッコリーニ わが人生 ピアノ演奏の秘密

『アルド・チッコリーニ わが人生 ピアノ演奏の秘密』
パスカル・ル・コール著 海老彰子訳

イタリアで生まれ育ちフランスで学び
その後フランス国籍のチッコリーニ。
私がフランスにいた頃は元パリ音楽院教授というぐらいの認識
でしたが最近の来日公演が素晴らしいと聞き興味を持ち読んでみました。

イタリアで徴兵され数年間ピアノに触れることが出来ず、
父を亡くし家族を養うためにバーでピアノを弾いていたことなど
年代を感じさせる内容から始まります。

シュヴァルツコプフなど偉大な歌手との共演で多くを学んだこと、
ピアノを弾く人は歌手の伴奏をし音楽の中での呼吸の仕方を
学ぶことを強く推奨しています。
『歌手たちは、たとえ地球上の全ての欠点を持っていたとしても、
呼吸の取り方については絶対に間違えません』という一文が
ほんとうにその通りだと印象的です。

テクニックについて、ては鍵盤を『つかむ』『引きつける』
ことを学ぶことによって成り立つことに始まり、レガート奏法、
ペダルについてなど細かく記されています。

非常に謙虚であたたかな人柄があふれる文章。
1925年生まれの89歳とご高齢なので聴けるチャンスは
もうそんなに無いかもしれません。
また次の来日公演があれば是非聴いてみたいと思いました。



2014年1月7日火曜日

明けましておめでとうございます

今日から2014年のレッスンがスタートしました。
『みんな冬休み中も練習してたかな〜、もしかして全然進んでなかったりして!』
などと若干心配でしたがみんなちゃんと練習して来てくれました(^^♪
今月末はいよいよ発表会ですしね!

発表会では私も講師演奏でラヴェルの『水の戯れ』を弾きます。
中学生の時に発表会で弾いて以来。
初めて弾いたラヴェルの曲でした。
あれから20年以上の時が経ち、その間に様々なラヴェルの作品に
触れてきましたが『水の戯れ』は初期の作品の持つ初々しさと
私が初めてラヴェルを弾いた感激をいつも感じる素敵な作品です。

ラヴェルも猫好きだったのでしょうか



Collineピアノ教室ってどんな教室?

このブログをご覧になっていらっしゃる方には コリーヌピアノ教室がどんな教室か知りたい方も 多くいらっしゃると思います。 「面談・体験レッスンを受けてみようかな?」とか 「Collineピアノ教室にはどんな生徒さんが通っているのか? 自分のニーズに合った教室だろうか?」...